読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうそうだぶんのかたこんべ(仮設)

こんぷれいんつ・ぶろぐ別邸。中の人などいない。

おれのせんすがいたいいたいびょう

 

 

 

 

 

ドロシーさんだって元は何か作品を作ろうとしてできたキャラだった……様な気がするけどどうだったっけなあ。いやむしろ逆でしたね。ドロシーさんの登場できそうな世界観を作ろうと言うことでできたのがこれだったっけなあ。もとい。とにかくまああれだ、妄想設定資料集。内容は予告なく変更されることがありますがあらかじめご了承ください。あと書くのめんどくさいから大半はついーとのアドレスそのままぶっ挿してます。

 

 

 

 

Twitter / @Dorothy_s: 天使とか悪魔とか妖怪とか精霊とか魔物とかごった煮系世 ...

 

 

 

 

 

Twitter / @Dorothy_s: ドロシーさん世界観色々…色んな生き物がごった煮になっ ...

 

 

 

 

 

Twitter / @Dorothy_s: ……第四要素:以上のどれにも区分されない例外。通称「 ...

 

 

 

 

 

Twitter / @Dorothy_s: ドロシーさん世界に悪魔ってなーに:第二、または第三要 ...

 

 

 

 

 

Twitter / @Dorothy_s: ドロシーさん世(ry:信仰の対象となる聖遺物や洗礼を ...

 

 

 

 

Twitter / @Dorothy_s: 天使は逆に信仰が高くなればその分強い感じになるので色 ...

 

 

 

 

Twitter / @Dorothy_s: 4thは所謂「ジョーカー」的なガジェット。ナニモンか ...

 

 

 

 

 

Twitter / @Dorothy_s: 精霊とか亡霊は呼んで字のごとく実体の無い系。アストラ ...

 

 

 

 

Twitter / @Dorothy_s: 高名な武器:何か逸話とかすっげー偉い強いから名前付い ...

 

 

 

 

 

 

 

あとちょっとした補足とか。高名な武器云々に関してはいつぞや書いた中二武器の設定とかにもつながる話だったりとか。黒歴史(ダークヒストリー)を開帳せよ。記憶のパンドラには希望一つ残らん - こんぷれいんつ・ぶろぐ(試験運転中)

 

 

さて、ドロシーさんって吸血鬼です。吸血鬼はこの中で言うと大体第二要素に区分されますね。悪魔じゃないのに神々しいもんとか大の苦手な変わり者系魔族です。基本的には第一要素以外の生き物は栄養ではなく魔力的なもので体を作っていて、吸血鬼の場合は動物、とりわけ人間の血からのみしか魔力を補給ないし生成できない面倒くさい構造をしてます。っていうか大体まっとーな発想で思いつく吸血鬼の習性を個人的に設定としてどう落とし込むか色々考えてたりは今でもしますけどね。

 

 

 

 

 

当然日に当たると死にます。焼け死にます。さっき言ったとおり神々しいものには触れないし同じように神社仏閣とかも入れない。対象となるものの信仰の具合が濃ければ濃いほど触りづらいし居心地悪くなります。

ただの別に由緒正しくもないそこらで売ってる十字架とかだったらバッキバキにぶっ壊せるし、べつに神様とか仏様の宿ってない捨てられた神社だったら別に問題なく土足オッケー。

教会ってなんぞ:悪魔とか第四要素をつぶす退魔師の中でもトップクラスの規模を誇るミグラント組織……じゃねえや。退魔師集団。正直別に徒党なんて組まなくてもまあやっていけるにはやっていけるけど対魔、対第四要素用の専用装備やら何やらを独自に作ったり量産したりできる程度の工房的なものを持ってたりするので一応多少なりはかかわんないと退魔師業とかそういう仕事はめんどい。天使やら神様やらというのが割りとリアルに存在する世界観の中でそれを信仰して活動してるので立場上悪魔の眷属さんや吸血鬼さんとはなかなかやって行きづらい。実際に組織の中でも過激派やら馬鹿の子とかが癇癪起こして上位~中位の悪魔や吸血鬼をぶっ殺したりしちゃう事案も少なからずあったりするからやっぱり確執とかあるよね。そんなんでもまだ一応統制を取れてるほうなんでまだましではある集団でもある。歴史のふっるーいフリーランス退魔師とかはいまだに勘違いを起こしてだれかれかまわず悪魔やら吸血鬼やらを血みどろしちゃうので時々どうにかしろと各方面から苦情をいただきます。やっぱり神様信仰な分魔術とかそういうのはいけないと思います!とかまあ言っちゃう。いや大声では言わないけど基本的にそういった技術を使わないと公言してる。表向きには。っつっても実際には技術やら魔術やらもどんどん使ってかないとやってけないので割と関係なく使ってるのでほんとに表向きの話。表向きそういうこと言っちゃってるので「ヘーイ、ワテはバリバリの魔術師やでぇ!」とかそういう人とは仲良くしづらい。結局そんなわけで教会は教会、魔術師は魔術師で別々に徒党を組んで勝手に活動するのでしたとさ。どこぞの魔術協会と聖堂教会みたいだね。

第三要素ってなにぞ:精霊亡霊幽霊etcな方々。「アストラル」とも。大体の説明はさっき適当に張ったついーとの通り。脳みそとか精密に再現しても精神は作れなかったよ!とか言われる部分での、要は精神だけ抜け出たやつ。なんだかいろんな意味でフワッフワしててつかみどころがない。意思疎通がかのうな中位~上位が幽霊や精霊、会話の成り立たない獣さんたちに当たるのが亡霊。中位以上は会話が成り立つのである程度協定ができてるけどそれ以下は話にならないので例によって退魔師さんとかその類の方の駆除対象になる。亡霊ってみんな相手とか見境なく襲っちゃうからね。注意しないとだめだよ。うん。

ちなみに第三要素の方々は精神の塊なのでこれをなにやら色々弄繰り回して第二、第一野中にぶち込めぇ!すれば人格性格の塗り替え書き換え塗りつぶしができちゃうって言うそんな話もある。まあ人道的にアレな見地の話なのでやってはいけないけどそれをやっちゃってできちゃうアンドロイドやらサイボーグなんていう存在も作れるよねー、なんて物ができるのは数百年か数千年くらい先の話。何サーガだ。

第四要素ってなんぞ:魔術技術物理非物理問わず色々な形を持つけど体系化できないので一括りにしてできた、言わば古龍的ポジションなのが第四要素。通称フォースカインド、または4th。悪魔や吸血鬼同様神々しい物体にはある程度忌避する習性があるらしい……とまでは実地からの調査でわかってるけどよくわっかんねー。とりあえず古くからそれらしい記述は見受けられるし現在でもまれに存在が確認されはするもののいまだ研究ができるほど個体数が多くないので不明点多し。ただ、どうにもこの人たちは悪意満面で活動することだけはわかっているらしく、他の要素の生き物に対して反抗的な反応以外を見せたことがない。場合によっては尾奈所4th同士でつぶしあっている例すらあるとかなんとか。胡散臭い事例ばっかり見受けられるし少なからず危険分子ではあるので見つけたらえらい人とかえろい人とかお近くの退魔師に相談すべし、と言うのが現時点での対処。他種に対して完全に対決姿勢を崩さないのにこれでも昔に比べれば少しづつ数を増やしているらしいから驚き。数百年後くらいには爆発的に増加して色々文明社会にダメージを与える予定。だから何サーガだ。